経済ニュースまとめ録

日本経済新聞の一面をマトリクス形式でまとめて整理

食中毒は冬に多く発生する!その予防と対策マトリクス

食中毒が多く発生する時期

実は冬。特に11月から12月の間なのだそうです。

そして、特に症状として多いのがノロウィルスによる食中毒。
ワクチンがなく対症療法しかできる事はありませんので、予防と対策を徹底する事が本当に大切です。

冬に食中毒は発生する

f:id:takeshi1127:20181120034221j:plain

食中毒というと、夏の暑い時期に傷んだ食べ物を食べた事が原因でなるものだ・・・そんなイメージを抱いてませんか?

僕は抱いてました。
ところが、それは大きな勘違いでした。

食中毒の7割は冬場の11月から12月に最も多く発生しているのです。

年間の食中毒の患者数の約半分はノロウイルスによるものですが、うち約7割は11月~2月に発生しており、この時期の感染性胃腸炎の集団発生例の多くはノロウイルスによると考えられます。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/noro.html

そして、ノロウィルスの怖い所は、”ワクチンがない”ということ。
しかも過去の事例では、約7割で原因食品が特定できていません。

また、ノロウィルスに感染しても輸液等の対症療法に限られますので、予防策を徹底する事がとっても大切になります。

特に高齢者や用事は食中毒に要注意

ノロウィルスは強烈に体力を奪いますので、お年寄りやお子様のいる家庭では特に予防を徹底する事をオススメします。

先ほども書きましたが、ノロウィルスに感染した場合、対症療法しかありませんので予防を徹底してください。

冬の食中毒対策マトリクス

ノロウィルスの感染を予防する事が冬の食中毒予防につながりますので、ノロウィルス対策を徹底する事が大切です。

では、何をすればいいのか。

https://www.saiseikai.or.jp/medical/column/food_poisoning/

こちらの記事がとてもわかりやすいので、詳しくはこちらを参考にして頂き、その要点をマトリクスにまとめました。

 

  対処方法
つけない 手や調理器具をシッカリと洗ってノロウィルスをつけないこと
増やさない 食材を冷蔵庫に入れて保管する
やっつける 加熱する料理を多用する

 

具体的に書かせて頂きます。

ウィルスをつけない

手や調理器具などを、とにかくきちんとシッカリと洗うこと。
ウィルスや細菌を手や食材、食器に付着する事を防ぐことがまず1点目です。

ウィルスを増やさない

ウィルスは暖かく湿度が高い場所で増えます。

冬と言えども、加湿して暖房をかけている屋内では繁殖の条件として最適になっていますので、食材の冷蔵や冷凍を徹底して菌の繁殖を防ぐ事が2点目です。

ウィルスをやっつける

ウィルスや菌は加熱すると死滅していきます。
なので、食材を加熱する料理を中心に食すようにするのが3点目です。

ノロウィルスはワクチンがないからこそ予防を!

冬の食中毒の多くはノロウィルスによるもので、ノロウィルスに感染した場合、ワクチンなどで治療する事ができません。

お子様やお年寄りの方が感染すると命に係わる事もありますので、ウィルスや細菌をつけず、ふやさず、やっつける生活習慣を取り入れる事が大切です。

ふと思ったのですが。

冬は鍋料理などの火を通す料理が美味しく感じる季節ですが、食材のウィルスをやっつける効果もあるのか・・・と思うと、人間は自然の中で合理的に生きてきたんだな・・・と1人で関心しきりです。

 

絵でわかる食中毒の知識 (KS絵でわかるシリーズ)

絵でわかる食中毒の知識 (KS絵でわかるシリーズ)