マトリクス思考整理録

マトリクス形式でまとめて整理

しばらく恋愛してない男が恋を始められない理由と3つの対処法

f:id:takeshi1127:20181107150421j:plain

「気付けば何年も恋愛してないな・・・」

どうしてだろう。
恋を始めてみたいなんだけどな・・・。

そう思っているけど、今となっては何をどうすれば恋愛ができるのかがよく分からなくなっているぞ・・・。

しばらく恋愛をしていない状態から、恋愛をできる自分になるにはどうすればいいんだろう・・・って思われているあなたに、そんなあなたに変わるための考え方とポイントを紹介したいと思います。

結論から言っちゃうと、「小さな勇気」だけでOKなんです。

 

好きになるための思い込みを捨てる事が大切

誰かを好きになる。
それが自然に出来ている時期や世代というものがあります。思春期とかがそうですよね。

でも、大人になるにつれて、恋を通して傷をつき、イヤな思い出も良い思い出も増えていき、そして、恋をする事が怖くなる。

怖いってだけなら乗り越える勇気一つでなんとかなりそうだけど、怖いを通り越して、もういいや・・・って諦めに入ってしまい、気づけば何年も恋をしてないな・・・って。

あなたもそうなっているのなら、もうやるべきこと、意識するべき事はもうお分かりだと思うのです。

  • 失敗しても良いので小さな一歩を踏み出す

そんな勇気を持つ事ができれば、恋をスタートさせる事はできます。

逆に言えば、失敗したくないし、大きくスタートしようとしていると、恋愛をするチャンスをどんどん逃していく事になります。

あなたもそうなっていませんか?

でも、その勇気を持つにはどうすればいいんだろう・・・って事を更に理解するためにマトリクス表でそれを説明したいと思います。

しばらく恋愛していない時の内面マトリクス

しばらく恋愛をしていない時、内面では次のようなマトリクス表のいずれかの場所に位置しているはずなんです。

  大きな一歩が良い 小さな一歩で良い
失敗しても良い
失敗したくない

右上に位置する、「失敗してもいいので小さな一歩を踏み出そう」というマインドを持っている時には恋愛をしやすくなります。

でも、他の位置にいる時にはどうしても恋愛に慎重になってしまったり、恋愛を過度に大きなモノとして捉えてしまって、チカラが入りすぎたりしていまいます。

もし、あなたが右上のマス目以外の位置に居ると気付けたのなら、そこから抜け出すためにはどうすればいいのか・・・と発想を切り替えて行動していくだけで、自然と恋愛があなたの元へと近づいてきます。

でも・・・それってどうすれば?

そもそも、右上以外のマス目の意味がよくわからない・・・と思われているかもしれませんので、少し具体的に説明をさせて頂きます。

D 失敗したくないし大きな一歩を踏み出したい

次の恋は絶対に失敗したくないし、前の恋よりも良い恋をしたい!妥協したくない!!

そう思っている状態です。

「とにかく大物を狙いたいし、絶対に逃したくない、意地でもモノにしたい」という心理状態で、かなり前向きなニュアンスもありますが、絶対に失敗したくないと思っているので、想いとは裏腹に一歩が踏み出せなくなっていたりします。

あなたもそうなっていませんか?

失敗のリスクのないチャレンジはありませんし、大きな一歩はこけた時にダメージが大きいですよ。

C 失敗してもいいけど大きな一歩を踏み出したい

次の恋で失敗してもいいんだけど、周りがうらやむような相手と恋をしたいという状態です。

恋愛をする上でかなりいい感じのマインドを持っているようにも感じますが、周囲がうらやむような相手で、自分自身が頑張らなくてはいけない相手を恋愛の対象として見ている状態です。

頑張るのはいいことです。
ただ、頑張るということは緊張状態だということです。

本来、恋愛はリラックスできる相手とするものです。その正反対の相手を恋愛の対象としているマインドですので、不安が大きくなりやすいです。

あなたもそうなっていませんか?

B 小さな一歩で良いとは思うけど失敗したくない

小さな一歩を踏み出せばいいのはわかっているけど、その小さな一歩も失敗したくないという、石橋を叩いて叩いて、叩きまくるタイプの人です。

恋愛をするには、まず人との出会いを増やさなくっちゃいけないね・・・と一歩目は小さく考える事ができるのですが、その出会いの場所選びをとにかく慎重に慎重にと考えてしますので、結局何もできないというタイプです。

失敗してもいいと少し開き直る事ができれば、一気に恋愛のチャンスが訪れますよ。

A 小さな一歩で良いと思うし失敗してもいい

小さな一歩を踏み出せばいいんだし、失敗したとしても、まあいっか。

そういう心理状態になっているタイプで、リラックスして恋愛に挑めるマインドになっています。僕が掲げる、恋愛をスタートするための理想的な状態です。

失敗してもいいというのは、全てが上手くいくわけじゃないんだし・・・と過去も今も未来も割り切ってみている状態だと捉えてください。

だから、失恋する事もあるし、箸にも棒にもかからないこともある。そういう事があるのが恋愛なんだよねっていい意味で割り切れています。

そして、恋愛をしたいからといっていきなり恋愛対象を探すという感覚ではなく、先ずはヒトとの繋がりを増やしていこう、結果として恋愛に繋がる事もあるんじゃないの・・・?ぐらいで恋愛を捉える感覚があるとイメージしてください。

ここの状態に居れば、自然と恋愛をできたりします。

無理せず恋する勇気を持つための3つのポイント

無理せずに恋愛へ前向きになるためには、先ずあなたの心理状態がどの位置に居るのかを知る事が第一歩目だと僕は思っています。

そして、自分が今いる位置から恋愛しやすい位置へと移動するために出来る事をやっていけば、OKです。

では、そのためにはどのような事を意識すれば良いのかというポイントをいくつか紹介させて頂きます。

好きになっても良いって許可を出す

あなたは今、こうなっていませんか?

誰かを好きにならない理由や恋人を作らない理由を問われるとスラスラ答えられるのに、好きになる理由や恋人を作る理由は全然出てこない。

もしそうなっているのなら、それだけ”意識的に”恋をしないようにブレーキをかけているという見方ができませんか?

でも、逆に言えば、それだけ意識的にブレーキをかけなければいけないほど、あなたの心は恋をしたいという事でもあります。

実は恋をしたいと思っているのかもしれない。
でも何らかの理由があって、その気持ちを抑えようとしているんだ。

まずはそれを認めてみてください。

ネガティブを取り除かずに受け容れる

恋愛って良い事も悪い事もワンセットです。
でも、悪い事が妙に印象に残ってたりしてませんか?

例えば、どうしようもない女に引っかかったなら、そりゃイヤな思い出として残るよね。

ときには些細な一言が妙に引っかかったりすることもあるよね。
「○○くん、男として見れない」とかかるーく言われた事が、自分は男として見られてないのか・・・という傷となって残ってたりね。

そういった、いやな記憶のようなもの。

それが恋愛に二の足を踏ませているのじゃないかな?
前に進もうとしても、あなたの後ろからグイって引っ張る感じというかね。

そのネガティブな記憶や思い込みを、受け容れてみる。
捨てるんじゃないよ。否定するのでもないよ。

受け容れてみる。
「ま、ええやん」って感じで。

そんな事があったら、そりゃ怖くなるよな・・・って感じで。

頑張った自分を褒めてみたり労ってみたりする

恋をするために過去の自分は頑張った。
たとえそれが報われなくても、自分なりに頑張った。

これは紛れもない事実です。

あなたがどう言おうが、あなたがどれだけ拒否しようとしても、やっぱり事実なんです。

頑張ったけど、それが報われなかったから悲しい思い出として残ったんですから。

だから、過去の自分を褒めてあげてください。とても頑張ったってことを。
過去のあなたを労ってあげてください。よく我慢したね、よく耐えたね、と。

そうすると、あなたの心が少し軽くなるのではなるのを感じるのではないでしょうか?

今の想いを文字にして残してみる

今現在のあなたが思っている事を文字にしてみるということを是非取り入れてみて欲しいんです。

恋愛に対してどう思っているのか。
何が悲しくて、何が怖くて、何が辛いのか。

それを全部一度文字にしてみてください。
そうすると、その全ての想いが過去のモノとして、終わった事として昇華されていきます。

これは心理セラピーの現場でも用いられる「ライティングセラピー」というもので、自分の想いを自覚することで人の心は変化が起きるという性質を利用した、過去の思い出を癒す方法です。

あなたの心を動かす行動を起こしましょう!

いかがでした?
どれもこれも、自分の内面に問いかけるものばかりでしょ?

好きな人を見つけるために街へ出ろ!なんて事は一言も書いてません。
だって、街に出て好きな人ができるぐらいなら、もう出来てるでしょ?

街に出ても出会いの場に行っても好きな人ができないのはなぜかってなると、そういう関係性を望んでない自分が居るだけなんです。

なぜ望んでないのか?
そこを突きとめて、すこーしずつ変化させていく。

その方向でアプローチする事が、今のあなたには必要なのかな・・・なんて思うんですよ。

恋をしないようにしているあなたの心を少しずつ変えていけば、自動的に、あなたにふさわしい、魅力的な女性があなたの前に現れますよ。