経済ニュースまとめ録

日本経済新聞の一面をマトリクス形式でまとめて整理

1人暮らしの自分自身の孤立死を防ぐために誰でもできる対策方法3つ

今、孤立死は静かな社会問題になっています。
今この瞬間も、どこかで誰かが孤立死していると言ってもいいかもしれません。

核家族化、高齢化が進む日本では大きな問題ではありますが、日常の中に溶け込んでいるため、どうしても大きく取り上げられる事が少ないようです。

国もそんな孤立死を防ぐための対策を立てています。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0000034190.pdf

孤立死。僕もあなたも身近な問題です。

考えて、準備しておいて損するという事は決してないはずです。

では、どうすれば孤立死を防ぐ事ができるのか。
そのポイントについて紹介をさせて頂きたいと思います。

 

孤立死を防ぐためにやっておいて損はないこと

孤立死を防ぐポイントを一言でまとめると「人とのかかわりを持つ」という事に尽きるようです。

社会から孤立しないように、自分から社会に参加していく意識が孤立死を防ぐ一番の方法のようです。

仕事をする

仕事をするのも、社会に参加する一つの方法と言えます。

他者と関わり、誰かの役に立つための行動を起こし続けるのが仕事です。
その仕事を通して、どうしても他者と関わる事になりますし、規則正しい生活を自分自身に定着させることにもなります。

それらは金銭を得るという事以外にも、自分の周りの人間関係を広く深くし、精神を安定させ、健康を保つ事にもつながります。

誰かのためにするのが仕事ではありますが、自分のための仕事でもある。
そういう視点を持ってみるのも良いかもしれません。

友達を作り交流する

プライベートを充実させることも孤立死を失くす一つの手立てになります。

連絡を取り合い、約束をしあい、時々会う。
そういう関係を作り保つ事が、社会から孤立した状態を失くす事になるためです。

大人になってから友達を作るのは難しい・・・と感じるかもしれませんが、先ずは自分の趣味のつながりを増やしてみるという事から始めて見てはいかがでしょうか?

同じ話題で盛り上がれる人と出会えたなら、それはもう友達ですしね。

新聞を取る

新聞を取るというのも、孤立した状態を失くすことになります。

多くの情報を得るという目的もありますが、プラスして、配達に来てもらうという事が、そこで生活している人がいるということを示す事にもなるためです。

また、数日貯まるとそこに違和感を感じた人が気づいてくれますので、最悪の事態の時に放置されて・・・という事を防ぐことにもなります。

孤立死を防ぐには自分の心身の健康を保つ事が大切

人とのかかわりを自分の意志で持つという事が孤立死を防ぐ何よりも手立てになります。

そのためには、自分から積極的に社会と関わろうとする意欲を持つ事がポイントになります。

ただ、社会に出ていく事に抵抗を感じるという方も少なくないと思いますし、実際に、気分が乗らない時期というものもあります。

そういう意味でも、孤立死を防ぐためには、自分のメンタルを整える仕組みを持つという事が第一歩と言えるかもしれません。

心身共に健康な状態を持って、前向きな気分を保つ事ができれば、第一歩を踏み出しやすくなると思うのです。

あなたはあなたの心身を整える仕組みをお持ちでしょうか?