経済ニュースまとめ録

日本経済新聞の一面をマトリクス形式でまとめて整理

【日経一面】アメリカの中国への技術流出規制の日本への影響

とにかく中国へ技術を出さない!

アメリカの中国への技術流出阻止の動きが更に激しくなってきました。

アメリカの技術を使った製品は、中国に持って行ってはいけませんよ。
そういう動きがあるようです。

www.nikkei.com

もしこれがそのまま適用された場合、日本はとんでもないダメージを受ける事になりかねません。

今の日本にアメリカ発の技術を使ってない製品なんて・・・あるのでしょうか?
いや、世界中がそうだと思います。

それほどまでに中国を叩く事に本気だとも取れますが、日本も少なからず被害を受けそうで、まさに戦争です。

米国の技術流出移転防止のマトリクス

f:id:takeshi1127:20190111150340j:plain

米国が現在検討中の技術移転防止策を簡単にまとめると下記のようになります。

  米国の技術を使った中国での製造を認める 米国の技術を使った中国での製造を認める
米国技術を使った製品の中国での販売を認めない 技術を使った製造は認められないと思われる 現在検討中
米国技術を使った製品の中国での販売を認める 現状 販売は認めるが製造は認めないという着地点がベター?

とにかくアメリカの技術を中国に触れさせてはいけないよという事のようです。

アメリカの技術を使った製品を中国で販売してはいけない

アメリカの技術を使ってモノを作る。
それを中国で展開してはいけない・・・という解釈が今の所できます。

技術流出を防止するための徹底抗戦という見方で考えると、アメリカの技術に中国が触れても良いとする例外を適用するとは思えませんので、アメリカの技術が中国で使われる事はないと思われます。

アメリカの技術を使って中国で製造してはいけない

アメリカの特許技術を使って中国で製造する事。
これは間違いなくアメリカが禁止したいことです。

もっとも技術流出へと繋がるやり方ですので。

また、アメリカの技術を利用している企業の中国への売却も禁止するとしています。

M&Aなどで中国企業が売却先として候補に挙がったとしても、アメリカの技術を使っている会社の売却にはアメリカの承認が必要となるようです。

アメリカからすれば、技術移転を許すような判断はまずしないでしょうから、実質、中国への企業売却という選択肢は存在しないと思われます。

米国技術流出規制に関するまとめと課題

アメリカの技術を守るために中国への関与を規制する。
この動きは、昨年から続くものですし、時間を追うごとにその勢いは増していくと思われます。

そうなると、日本の企業の多くは中国とのビジネスは実質的に無効化状態に近づきます。

中国で売れない、中国で作れない。
それなら・・・と次の場所を求めるのか、日本に回帰するのか。

日本に回帰するにしても、人手不足であえぐ日本でモノづくりをするというのは現実的ではありませんから、他国に製造拠点を移動させるというのが現実的な選択肢になります。

では・・・今からそれを実行して、現状と遜色ない環境を作るにはどれぐらいの時間がかかるのだろうか?と考えると、ちょっと気が重くなります。

技術を規制するという一手で、技術立国と言われた日本はこうもピンチに近づくのか・・・と驚いた今朝の一面でした。

トランプさんの事ですから、中国が白旗を挙げるまで手を休めないでしょうから、中国抜きの経済を真剣に考えて行動に移す時期に来たのかもしれません。

 

技術者のための特許実践講座  技術的範囲を最大化し,スムーズに特許を取得するテクニック

技術者のための特許実践講座 技術的範囲を最大化し,スムーズに特許を取得するテクニック

  • 作者: 小川勝男,金子紀夫,齋藤幸一
  • 出版社/メーカー: 森北出版
  • 発売日: 2016/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る