経済ニュースまとめ録

日本経済新聞の一面をマトリクス形式でまとめて整理

日本品質は時代遅れ?高い収益性を誇る企業に共通する思考マトリクス

良いモノを作ろう

僕はこの考え方が好きなのですが、その考え方が日本企業の収益性の伸びを押さえてしまっている。

そのような事が今朝の日経新聞の一面になっていました。

www.nikkei.com

世界を見渡した時、高収益を出して成長を続けている企業は、プロトタイプ的な製品を市場に出し、市場を通して製品の質を上げるという方法を取っているそうです。

日本は完成品を市場に出す事にこだわっているので、どうしてもスピード感がおとり、世界の市場では後れを取ってしまい収益が伸びない・・・という悪循環に陥っているそうです。

世界の市場に合わせたスピード感を重視する事が収益性を高めるカギになるので日本企業は古い価値観を捨てましょうって事なのですが、それもまた良し悪しなんじゃないかな・・・と僕は思ってしまいます。

そんな事を考えさせられた今朝の記事ですが、なぜ日本品質は時代遅れになりつつあるのか・・・という事についてまとめてみました。

 

スピード感のある展開を実現できる理由マトリクス

f:id:takeshi1127:20181219165111j:plain

  未完成品 完成品
スピード感が早い 高収益企業  
スピード感が遅い   日本企業

今朝の記事で大きく伸びている企業はスピード感を重視しているとあります。

この大きく伸びている企業はGAFAと呼ばれるフェイスブック・amazon・グーグル・アップルで、「IT関係」という共通点があります。

ITの持つ特性をちゃんと活かしているので成長しているのだと言えます。

では、自動車も未完成のまま市場に出せば収益性が伸びるのかというと、それは絶対に違いますよね?

未完成の自動車に乗りたい人なんていませんからね。

収益が伸びている企業はIT関係であり、それは市場に未完成品(ベータ版)を出す事が”できるから”である。

なぜそれが実現できるのか・・・となると次の2点があると僕は思っています。

  • 市場が常に正しいという大前提
  • フィードバックを反映させる

この2点があるから未完成品を市場に出し、それに手を加えて磨き上げるというサイクルを回す事ができています。

市場が常に正しいという大前提

「市場が常に正しい」という大前提を持ってビジネスをしているつもりでも、作り手のエゴと言いますか、提供する側は「これいいぞ!」と消費者に教えたい!という気持ちになったりするものです。

でも、それを良いのか悪いのかを判断するのは消費者であり市場であって、市場が反応しないものは、「今はそれほど価値がないものであった」という一つの答えがそこにあります。

市場が常に正しいのだから、市場が選んだものこそが良いモノである。

だから早めに市場に出してみて、その反応を見てから、より磨き上げていくか、それとも捨ててしまうのかを判断しよう。

そんな考え方があるので、プロトタイプ的な製品を市場に出すという選択肢を取る事ができるのだと思います。

フィードバックを取り反映させやすい

その製品が良いのか悪いのか、悪くはないけどもひとつだな・・・と思うのなら、何がどうもう1つなのか。

そのような消費者の反応や声を拾いやすいというのがIT系のサービスの大きなメリットでもあります。

例えば、良いコンセプトのサイトやブログは、訪問者がリピートしてくれたり、滞在時間が長くなるなど、数字として反応が現れます。

そのような消費者の反応を取る事ができるので、改善する方向性を見つけやすいというのがIT関係の良さです。

市場に早めに出して、反応を見て、磨き上げて・・・というサイクルを回しやすいので、どんどん成長して、どんどん市場として求めているモノを作れるという好循環を起こす事ができます。

市場の評判で製品を磨くサイクルは日常の中にもある

  評判を参考 評判を活用
完成品
未完成品

早めに市場に出して、消費者の反応を見ながら改善を重ねていく。

市場と対話しながら改善を重ねて重ねて・・・を繰り返しいくうちに、どんどん市場が求める製品に仕上がっていく。

それがIT関係の強みであり、それを活かしている企業が伸びているのだと思います。(B → A)

日本もそれを取り入れましょうよ!って事なのだと思いますが、日本はモノづくりを中心としてきた文化があり、未完成品は商品ではないという価値観が根強いので、なかなかテスト段階で市場に出すという事はできません。

また、完成品を市場に出している意識がありますので、手直しの余地がないという見方もできるかもしれません。(C)

自動車などのように、完成品を市場に出すのが当たり前で、改善(マイナーチェンジ)するのも時間がかかるので、なかなかITのようにスグに改善して・・・というサイクルのマネは難しいかもしれません。

ただ、試作品段階であっても市場に出し、評判を基にして磨き上げていくという発想は何らかの形で取り入れていくほうがいいかもしれません。

実際に日常の色々な場面で、そういうサイクルを自然と取り入れているとも思うんです。

OJT的社員教育

オンザジョブトレーニングという社員教育スタイルも、ある意味では、市場によって自分自身を磨き上げるという発想に近いと言えると思います。

実際の仕事を通して、自分のできる事、できない事を見極めていく。

教育する時間を省けて、必要な知識やスキルだけを身につける事ができるので、一人前になるのが早いという考え方が土台にあると思います。

OJT的社員教育には良し悪しがありますが、市場が求める人材を作るという意味では、効率的なやり方の1つだと思います。

模擬試験などの小テスト

学校で小テストなどの小さなテストを受けたことや、模擬試験と呼ばれる、本番のテストに備えたテストをされた経験があると思います。

これも、本命のテストに備え、そのテストで必要な知識を確認したり、テスト本番の空気感に自分を慣れさせるためにあると捉える事ができます。

失恋するほど自分を磨ける

好きな人に振られるという体験を通して、自分を見つめ直すきっかけを得る事があります。

あれをすれば良かった、あれがダメだった・・・。

後悔と共に自分を見つめ、受け容れてみたり、改善しようとしてみたりします。

これを市場(恋愛市場)に自分を出してみて、自分という製品の良し悪しのフィードバックを受けたという見方もできるかと思います。

その瞬間は辛い事ですが、時間が経つと、その経験がよりよい自分を作るためには必要だったな・・・と思える日が来るものです。

スピード感とは評判を反映させる仕組みの有無

モノづくりを否定するような書き出しで始めましたが、日本人ですから、日本品質に対するプライドのようなものを僕は持っています。

ただ、それが機を逃すという事に繋がったり、今後ますます重要になるITにおいて日本がどんどん遅れていく理由に繋がっているのなら、日本品質に対するプライドの持ち方を微調整したほうが良い気もします。

市場を完成品のみを出す場とするのではなく、修正ありきで市場に出す。
その修正をいかに早く迅速に行えるのかという体制づくりにチカラを割くほうが将来的にはいいのかもしれません。

また、市場でダメと言われたら、それが自社や自分の事を否定されたかのような受け止め方をするのを辞める。

市場で受けないのだから修正しよう!と迅速に対応する課題として捉えるほうが前向きで建設的なのかな・・・と思います。

それはまるで、好きな人にダメ出しをされた部分をスグに修正しようとするようなものです。

「あいつには良さがわからない」と突っぱねてみても、後々になって相手がわかる事はないかもしれませんしね。

そういう意味でも、スピード感を出すということは、速攻で修正対応できる体制を整えるって事なのかな・・・と思った今朝の記事でした。

あなたはどう思われますでしょうか?
最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

 

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界