経済ニュースまとめ録

日本経済新聞の一面をマトリクス形式でまとめて整理

安心こそ最優先!中国のハイテク製品を政府・携帯各社が排除する動きマトリクス

中国のハイテク製品
それらを排除する動きが日本でも起こりつつあります。

www.nikkei.com

アメリカで中国のハイテク製品を排除する法案が今年署名され、その流れが日本にも来たのかな・・・?と思えるような動きではあります。

matak.hatenablog.com

要は、ハイテク製品を介して情報を盗もうとしてるんじゃねーぞ!って事でアメリカは怒っていて、日本の公官庁にあるハイテク製品を分解してみると、怪しいパーツが見つかったので、こりゃダメだわ・・・って感じになったようです。

www.fnn.jp

そして、その流れは携帯各社にも波及し、本格的に中国のハイテク製品を排除する流れになりつつあります。

 

中国ハイテク製品排除の動きマトリクス

f:id:takeshi1127:20181211163442j:plain

なぜ中国のハイテク製品を排除するのか。
1つは「技術の流出」の危険性があること、1つは「取引先への納入停止」の恐れがあることがあります。

それをマトリクスにするとこうなります。

  安心・安全に使える 安心・安全して使えない
取引しない   中国のハイテク製品
取引する    

簡単に言ってしまえば”信用できない製品だから使えない”になります。

携帯各社が電波の送受信でつかう通信基地局には使わないという事で声明を発表したのは、携帯各社の情報網を介しての情報流出のリスクを回避するためです。

政府は特に下記の製品に関しては再度チェックして、リスクの排除に取り組むようです。

政府は10日、全省庁の官房長らを集め、新指針を申し合わせた。対象は(1)通信回線装置(2)サーバー装置(3)端末(4)複合機(5)特定用途機器(6)ソフトウエア(7)周辺機器(8)外部電磁的記録媒体(9)役務――の9項目。

www.nikkei.com

9項目目には機器ではなく役務(人)も含まれていますから、中国のハイテク企業に関連してそうな人が業務に関わってはならないという事でもあります。

当然と言えば当然の対処だと思いますが、役務者までとなると、政府は指針1つ発表するにも慎重に慎重を重ねなければいけないですね。

国際問題や人種問題に発展しかねないですから・・・。

中国ハイテク企業排除の流れに対する留意点

今回は中国のハイテク企業の製品排除の動きが如実になっていますが、”中国製だから”という意味で解釈すると、後々面倒な事になるかもしれません。

あくまで”安全保障上のリスクがあるから”という自己防衛のためのリスク排除であって、国を排除するつもりはないよってスタンスが大切なようです。

世界貿易機関の原則に合わせた対応であるということ

世界貿易機関には、次のような取り決めがあるそうです。

世界貿易機関(WTO)には政府調達について特定国を排除しないよう「内外無差別」の原則を定める協定がある。(中略)例外規定として安保上の利益を守るために特定国を対象から外すのを認めている

中国だから排除するのではないという事が先ず第一です。

ただし、安保上の利益を守るために特定国を対象から外す事が認めていて、今回は安保上のリスクから排除した製品が、たまたま中国の製品であったということ。

この認識を持つのが大切かな・・・と思います。

リスクがないと分かればその製品は使いますよ。

でも、まだリスクがないと言い切れないんですよってニュアンスを保つ事が日本政府は大切で、中国との関係性を必定以上に悪くしないために、僕たちもそういうスタンスなんですって言い続ける事が大切なんじゃないかな・・・と。

安心・安全があってこその成長

中国のハイテク製品を取り除くという動きが今回ありましたが、中国の事だからと他人事として捉えるよりも、自分たちを戒めるためにも一考の価値があるのかな・・・と思います。

お互いが成長・発展するための貿易ではありますが、成長と発展の土台には信頼があるということ。

何に対する信頼なのかというと、安全であり安心して使えるということ。

安心と安全が担保された上でお互いに成長し合えるのであって、安全と安心が担保されない関係性は、どれだけ成長の余地があっても関係性としては不健全なものになります。

共に成長する、共に発展するという自他への愛と言えばいいのでしょうか、ビジネスっぽく言えばWINWINの関係性と言えばいいのでしょうか。

そのようなものを構築できる相手だからこそ、成長できるのだということ。

安全に安心して付き合える関係性を構築する事こそが大切だとお互いに思っている事が、健全な発展に繋がるんだな・・・という事を感じ取りました。

締めの言葉としては美しすぎるかもしれませんが、他者への愛こそが相互発展の土台なんだと思った今回のニュースでした。

あなたはどう思われますか?

 

親会社が気づいていない中国子会社のリスクとそのマネジメント~リスク事例から学ぶ事前予防・事後対策~

親会社が気づいていない中国子会社のリスクとそのマネジメント~リスク事例から学ぶ事前予防・事後対策~

  • 作者: 殷宏亮,郭望,顧麗萍,周加萍,徐大鵬,叢厳,李鵬,小堀光一,彭涛
  • 出版社/メーカー: 第一法規株式会社
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る